しっかり寝れば痩せる?食欲の秋に知っておきたい意外なダイエット

食欲の秋が到来。日頃は体形を気にして食事に気を使う人も、この季節は食が進んでしまいますよね。でも、ふと気づけば体重が増えてる……なんて経験はありませんか?

食べ過ぎた日はいつもより多めに運動。食べた分だけ消費カロリーも増やすことはモデルやスポーツ選手が実践する効果的なダイエット方法です。でも太る原因はそれだけじゃないって知ってましたか?

そこで今回はナイトケアアドバイザーの小林麻利子先生に痩せやすい体質作りに効果のある『うっとり美容法』を教えていただきました。

――食べ過ぎて体重が増えてしまう女性にできることって何でしょうか?

「摂取カロリーが増えたら運動! と考えがちですが、意外と見落としがちなのが睡眠の重要性。どんなに運動をしても、質のよい睡眠を十分に取っていないと効果は半減するんです。

コロンビア大学の調査では、睡眠時間の短い人の方が長い人より肥満率や脂肪量が高く筋肉量は少なくなるという結果も。ダイエットの秘訣はいかに筋肉量を減らさずに体脂肪を減らせるかですから、十分な睡眠時間はとても重要です。

また、睡眠時間が長いと食欲亢進(しょくよくこうしん:食欲の異常な高ぶり)を促すグレリンというホルモンが減り、食欲抑制に働くレプチンというホルモンが増えるため、食べ過ぎ防止にもなります」

――なかなかうまく眠れない人はどうすればよいでしょうか?

「質のよい睡眠を手にいれるために3つの効果的な方法があります。1つ目は、朝起きて2時間以内に太陽の光を浴びること。体内時計がリセットされて夜の寝つきがよくなります。

朝の電車で窓際の光の当たる場所を探す、職場に着いたらすぐ窓の光に当たる、など毎日のちょっとした習慣で光の量は格段に増えます。どうしても光の量が減る雨や曇りの日こそ敢えてランチは外出するなど、自分の生活の中で光を探す工夫をしてみてください。

2つ目は寝る前の『うっとり美容』。人には、緊張や興奮で優位になる交感神経と落ち着いている時に優位になる副交感神経があり、就寝前の15〜30分くらいに副交感神経が優位になるような時間を作ることがよい眠りにつながります。この副交感神経が優位になる過ごし方を“うっとり”と呼んでいるのですが、スマホを見ながらダラダラリラックスするのとは別です。

うっとり美容の方法はたくさんありますが、ベッドの上で簡単にできるのが、息を3秒吸った後2秒止めて5秒吐く『10秒呼吸法』。1呼吸10秒の呼吸を楽な姿勢でしばらく繰り返すとイライラしている時や寝る前まで仕事モードが抜けない方にも効果があります。

また『ウォームインプット』もオススメ。これは私の作った造語ですが、情報をインプットする目や耳などをお湯に浸したタオルなどで温めることで副交感神経を刺激し、ストレスホルモンが減少する結果となる研究の報告があります」

――3つ目はもしかして……?

「そう、運動です。運動は質のよい睡眠に効果があるだけなく、カロリー消費や筋肉UPに役立ちますよね。熟睡やダイエットに一番効果のある運動時間は夕方18時〜20時くらい。ただでさえ体温が高くなるこの時間帯に運動でさらに体温が高くなることで、夜の眠りが深くなります。また、朝よりも夕方の運動で成長ホルモンの分泌が増加することがわかっているので運動はこの時間に行うのが効率的です。

その時間帯はまだ仕事中という人でも、ちょっとした空き時間に簡単にできるのが『クマのヒップエクサ』。お尻の引き締めと共に快眠にも効果があります。そもそも、エクササイズで最も効果の見込める部位はお尻。部分痩せをうたった運動法も間違いとまでは言えませんが、体全体の総合的なシェイプアップには体の中で一番大きな筋肉を鍛えることが重要なんです。

やり方は簡単。ドアノブやトイレの洗面所の縁のようなちょっとした出っ張りを掴み、つま先と膝を真正面に向けた状態で両足を骨盤の幅に開いてお尻に力を入れたまま斜め後ろに下ろします。つま先よりも膝が前に出ないように気を付けながら、お尻にしっかり力を入れて、太ももが床と平行になるまでお尻を下ろします。下ろし切ったらお尻の力を入れたまま最初の状態に戻り、これを10回~30回繰り返しましょう。お尻と太ももの境目がない下垂尻の方に特にオススメです。


腹筋に効くのは『トビウオの脚上げエクサ』。まず床に仰向けになって、両足を軽く交差させて上に持ち上げ、息を大きく吸って止めてお腹に力を入れて腹圧を高めます。そのままお尻を少し浮かして脚を斜め上に。途中で交差させた脚を入れ替えながら辛くなるまで何回か繰り返してください。ちなみに寝る直前の運動は×。部屋でテレビを見ながらでもできるので、お風呂に入る前などにオススメです。

最後は顔。今回は特に気になる頬の筋肉に効くフェイシャルエクサをご紹介します。まずは大きく頬を膨らませて口周りに力を入れて唇から空気が漏れないように10秒キープ。その後、10秒へこませませて脱力。続けて右の口角を右目に近づけて10秒。反対側も同様にキープ。10秒×4セット、ただこれだけで頬の筋肉が鍛えられ、小顔効果や浮腫み防止に効果があります。お風呂の中で鏡を見ながらやってみてください。

最後に1つ。毎日仕事が忙しく、睡眠や自分の身体をメンテナンスする時間をとれない方が多いと思います。でも、人生の主役はあなた。体を壊してまで頑張る必要はなく、人生一度きりですから、心と体が楽になる生き方をしてもいいと思います。今回ご紹介したものも頑張りすぎず、できる範囲で気楽に行っていただけたら幸いです」

***************
取材協力:小林麻利子(生活習慣改善サロン「Flura」代表)
ナイトケアアドバイザー/睡眠改善インストラクター/パーソナルボディトレーナー
同志社大学卒業後、営業職中に悩まされた自律神経失調症の原因は生活改善にあると考え、睡眠をはじめとした生活習慣の改善で体調の回復と共に8キロの減量に成功。「美は自律神経を整えることから」という思いから機能解剖学、睡眠学、心理学、栄養学等を勉学後、生活習慣改善サロンFluraを主宰。現在は睡眠や入浴、運動など日々のルーティンを見直すことで美人をつくる「うっとり美容」を指導、講演を含めて延べ1500人をこえる女性にテクニックを伝授している。著書「美人をつくる熟睡スイッチ」(ジー・ビー)

http://fluraf.com
https://ameblo.jp/mariko-kobayashi

編集部オススメ!

Contact

お問い合わせ

初めてのお部屋探しは不安がいっぱい… 希望条件に合致する不動産会社をご紹介します。

注意事項

  • 「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてご同意の上、ご利用ください。
  • 本サービスは不動産会社をご紹介するもので、物件をご紹介するものではございません。
  • 不動産の契約等に関する最終判断は自己責任で行ってください。

Search

あなたにぴったりの不動産会社を探す

エリアから探す

マイナビ賃貸 女子部屋とは?

「マイナビ賃貸 女子部屋」は、株式会社マイナビが運営する、一人暮らしの女子が安心して物件が探せる不動産会社検索サイトです。おトクに部屋が借りられる女性限定のクーポンや、お部屋を探すためのお役立ち記事をお届けします。