おしゃれキッチンのポイントは収納にアリ!使いやすくて見た目も可愛いアイディア収納方法をご紹介

カフェのような可愛いキッチンは永遠の憧れ。でも実際は、すぐに雑然としてしまい、生活感が出まくりでおしゃれにはほど遠い……という人も多いのではないでしょうか?毎日使う場所だからこそ、使いやすくて快適な場所にしたいもの。でも、一人暮らしのキッチンは狭くて収納も少ない場合がほとんど。どうしてもモノで溢れてしまいがちですよね。そこで今回は、見た目も可愛い収納テクをご紹介します。


●いつも使うものは見せる収納で取り出しやすく!
しょっちゅう使う調味料や調理器具は簡単に取り出せることが必須。でも、ただの「出しっぱなし」では見た目も使い勝手もいまいちです。
重要なのは「統一感」。同じデザインの容器に詰めかえて一列に並べれば「見せる収納」の出来上がりです。ガラス瓶、ボトル、キャニスターなど、入れるモノに合わせてバリエーションもさまざま。それぞれに中身を記載したラベルやタグをつければ、よりおしゃれ感がUPします。
乾物や細々した食材は、クラフト袋を収納に使っても◎。自然な色合いはまさにカフェ風です。
おたまやフライ返し、フライパンのような調理器具はレンジの正面に吊るして、こちらも「見せる収納」に。壁に傷をつけたくない人も、マグネットタイプのものや、つっぱり棒、棚の下やレンジフードに差し込むタイプなど、原状回復もバッチリなアイテムを選べば安心ですね。

 

●デッドスペースには簡単DIYで収納力UP!
ガス台の隙間やレンジの上など、よく見れば空きスペースは意外とまだあるもの。そんな場所には、自作の棚でさらに収納をプラスしましょう。
材料は100円ショップでも手に入るプチプラな木材でOK。すのこをリメイクすればもっと簡単に作ることができます。
おしゃれな木箱をいくつか重ねて棚っぽくするのも手。これなら釘もボンドも必要ないのでもっと楽チンですね。
一番のポイントは、あらかじめ設置場所のサイズや実際に置きたいアイテム量を調べておくこと。ピッタリサイズを作れるのも、DIYならではのメリットです。
ただし、プチプラな材料や釘やボンドを使用しない場合は、重いものを吊り下げたり、のせたりすると危険ですので、くれぐれも安全面には気をつけてくださいね。

 

●ホームセンターや100円ショップには使えるアイテムが目白押し!
引き出しの中は仕切り板やプラスチックケースを使ってスッキリと整理。細々したものは蓋のついた小物用ボックスを使えばバラバラになる心配もありません。
また、大きな引き出しや流しの下には、つっぱり棒や書類用のファイルボックス、ブックエンドなどを入れて、大皿やフライパンを縦に収納。横に重ねて収納するより取り出しやすく、収納量も格段に上がります。
ワイヤーネット(金属製のメッシュパネル)を収納アイテムとして利用するのもおすすめ。壁に取り付ければ吊るす収納になります。シンク下扉の裏側に取り付ければ、デッドスペースも思わぬ収納場所に。ワイヤーなのでいろいろなモノがたくさんかけられるのも便利ですね。

 

最近では、ホームセンターや100円ショップでも、安いのにおしゃれでうれしいアイテムが目白押し。万が一、見た目にはいまいちであっても、好みの色に塗装したり、木目柄のリメイクシート(カッティングシート)を貼ったり、ほんのちょっと手を加えるだけで北欧風もヴィンテージ風も思いのまま。
使いやすくておしゃれなキッチンになれば、料理をするのもますます楽しくなること請け合いですよね。ぜひ、試してみてください!

編集部オススメ!

Contact

お問い合わせ

初めてのお部屋探しは不安がいっぱい… 希望条件に合致する不動産会社をご紹介します。

注意事項

  • 「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてご同意の上、ご利用ください。
  • 本サービスは不動産会社をご紹介するもので、物件をご紹介するものではございません。
  • 不動産の契約等に関する最終判断は自己責任で行ってください。

Search

あなたにぴったりの不動産会社を探す

エリアから探す

マイナビ賃貸 女子部屋とは?

「マイナビ賃貸 女子部屋」は、株式会社マイナビが運営する、一人暮らしの女子が安心して物件が探せる不動産会社検索サイトです。おトクに部屋が借りられる女性限定のクーポンや、お部屋を探すためのお役立ち記事をお届けします。